spring

テンテンとかくれんぼ

tenten

対象年齢

0歳~3歳

更新履歴

・2014.06: ver1.0リリース

変更内容

  1. --

対応デバイス

iPhone4S
iPhone5S
iPad2
iPadmini

耳、目の周り、お鼻、パンダのお顔はクロい丸の集まり。そんなパンダが沢山のクロ丸の中に隠れちゃった!
パンダと思っても、アレアレ?タヌキ〜!イヌ〜!シロクマ〜!無秩序に見えるクロ丸の集まりには色々なお顔が隠れているよ。黒マルの位置と大きさをしっかり覚えて、さあ!パンダの「テンテン」を見つけましょう。。

お母さん、お父さんへ

最初はクロ丸の位置と大きさを頼りにお子さんとパンダを見つけてましょう。その次は黄色いイヌやシロクマ等・・、あえて他の動物を探してみたり、画面をパンダだらけにしてみるのも楽しいです。又お子様に対し「このクロ丸の集まりはどんな動物?」等の質問を交え、コミュニケーションを取りながら遊んで頂くのもおススメです。

操作と機能の説明

1.お顔に見えたら、鼻部分をタッチ/2.点が動物のお顔になるよ/3.点は色々な動物のお顔になるよ/4.画面のスライドで消えて又新しい点が現れるよ。
  1. クロ丸の集まりが何らかのお顔に見えたら、その顔の鼻にあたるクロ丸をタッチしましょう。
  2. そのクロ丸の集まりから何らかのお顔が現れます。
  3. 全てのクロ丸から何らかのお顔が現れます。
  4. 現れた動物は画面をスライドすると消えます。又同時に新しいクロ丸が現れます。

開発の動機

こんな遊びをご存じですか?
だれでも腕や体にいくつかのホクロがあるものです。年齢を重ねるとその数もふえますね。 その2つのホクロを「目」に見立て、2つのホクロの間の肉をギュっと摘み、ゾウさんに見立てるのです。2つのホクロの位置で色々な象が作れます。
この遊びがきっかけで沢山のランダムな点から何らかの顔を見いだすのなかなか面白いと思い、一度はこれに近い形でアプリを仕上げてみました。 ランダムな点の配置から、動的に色々な顔を生成します。
ただ作られる楽しさは前回ドッツドッグでも同様で、そこから何らかの顔を探す何らかの物語を付け加えてみたくなり急遽変更。 あえて「作る」に対し「見つける」と言う方向で、改めて考え直し、今のようなパンダを探す・・、と言う形に仕上げてみました。
ちょうど穴空き絵本の穴から隠れている全体を想像する仕掛けのように、点集合の構図から何らかの顔を色々想像してもらうのを目的としております。